沖縄の相続をトータル・サポート|うまんちゅ相談室

相続


相続について

「相続」とは、亡くなった方の財産をその親族等に承継させるという制度を指します。法的にいえば、相続とは、被相続人が死亡した場合に、その被相続人の権利義務を相続人に包括的に承継させる法制度といいます。

続きを見る

相続の登記について

不動産の所有者が死亡し相続が開始すると、その相続人に所有権が移転します。しかし、その不動産の名義を変えるためには、相続登記の手続きが必要になります。相続登記は、いつまでにしなければならないということはありませんが、被相続人名義のままではその不動産を売却したり、担保に入れることもできません。

続きを見る

相続手続きについて

相続が発生したら、まず、相続人を確定することから始めます。
遺言書がある場合には、そこに記載されている方が相続人となりますが、遺言書がない場合や遺言書の記載が一部に限られてる場合には、相続人調査から始めなければなりません。

相続人が誰にあたるかということは、親族の方なら分かり切っていることかもしれませんが、他人には何か証明するものがなければ分からないことです。

続きを見る

遺産分割について

相続が開始して相続放棄も限定承認をしないで3ヶ月が過ぎると、単純承認したことになり、被相続人が死亡時に有していた一切の権利・義務を相続人が相続分に応じて共同相続することになります。この遺産の共有状態を解消して、個々の財産を各相続人に分配し取得させる手続きを、遺産分割といいます。なお共同相続とは相続人が数人いて共同して相続財産を相続することを指します

続きを見る

お気軽にお問合せ下さい

098-866-4343

営業時間:10:00~18:00


メールでのお問合せ

Copyright © うまんちゅ何でも相談室 All rights reserved.