沖縄の相続をトータル・サポート|うまんちゅ相談室

財産管理とは


司法書士は、家庭裁判所により選任される相続財産管理人、不在者財産管理人、遺言により指定される遺言執行者、また、当事者からの依頼による財産管理業務をおこなうことができます。

具体的に行えるものとしては、銀行預金などの解約手続き、株式・投資信託などの名義変更手続き、生命保険金などの請求、不動産の任意売却などがあります。

これらの規定は平成14年の司法書士法改正にともなうもので、同様の規定は弁護士法人の業務に関する省令にもありますが、その他の法律には存在しません。ですので、士業として財産管理業務をおこなうことができるのは、司法書士と弁護士に限られます。

なお、司法書士がおこなえる財産管理業務は、事件性(紛争性)がないものに限られます。

死因贈与


死因贈与について

成年後見制度とは

死後事務委任契約とは

財産管理とは


お気軽にお問合せ下さい

098-866-4343

営業時間:10:00~18:00


メールでのお問合せ

Copyright © うまんちゅ何でも相談室 All rights reserved.