沖縄の相続をトータル・サポート|うまんちゅ相談室

死因贈与


死因贈与について

死因贈与とは、当事者間の合意による契約で遺産を渡す方法です。通常の贈与と違う点は、「遺言者の一方的な意思表示によって、贈られる側(受遺者)の同意を必要とせず受け取らなければいけない」ということです。

続きを見る

成年後見制度とは

成年後見制度とは、判断能力が十分でない方(認知症、知的障害、精神障害など)が不利益を被らないように、家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度のことを指します。

続きを見る

死後事務委任契約とは

後事務委任契約とは、委任者(本人)が第三者(個人、法人を含む。)に対し、亡くなった後の諸手続、葬儀、納骨、埋葬に関する事務等についての代理権を付与して、死後事務を委任する契約をいいます。

続きを見る

財産管理とは

司法書士は、家庭裁判所により選任される相続財産管理人、不在者財産管理人、遺言により指定される遺言執行者、また、当事者からの依頼による財産管理業務をおこなうことができます。

続きを見る

お気軽にお問合せ下さい

098-866-4343

営業時間:10:00~18:00


メールでのお問合せ

Copyright © うまんちゅ何でも相談室 All rights reserved.